がん検診の重要性について

がん検診はとても大事なものだと思います。検診で早く病巣が見つかるのが早ければ早いほど手術も最小限におさえられるし、命が助かる可能性も高いと思います。私は30になるのを機に毎年子宮がん検診と乳がん検診を受けています。30になると自分が住んでいる区から無料の診察券が送られてきました。それをきっかけに行くようになりました。検診は正直面倒くさいし、痛みをともなうこともあるので億劫ではあります。しかし検診自体はほんの数分で終わるので、後からもっと早く検診に行っておけばよかったと後悔しないためにも1年に1回しっかり検診を受けようと決意しました。私は婦人科系の病気になり、もっと早く検診を受けておけばよかったと後悔したことも大きなきっかけの一つです。子宮がんも乳がんもほとんど自覚症状がないのが問題だと思います。だから診断によってしっかり見てもらうことが大事なのだと思います。

がん検診は定期的に受けるようにしよう

日本人の死因の中で最も多いものは一体何なのかみなさんは知っていますか。これは有名な話でもあるのできちんと認識している人は多いと思いますが、それはがんなのです。やはり日本人にとってがんの存在は欠かすことのできない存在と言っても過言ではないのではないでしょうか。そのような中においてがん検診をみなさんは定期的に受診していますか。もしかすると自分の家系にはがんは関係ないということを拒んでいる人もいるかもしれません。しかしがんの場合早期発見が大きな鍵となってきます。ですから定期的に受診をしておいて損をすることは決してないのです。そのことに関しては常に念頭においておきましょう。また特に遺伝的に発生する可能性があるかもしれないという人の場合には毎年の受診をおすすめします。そうすることによって自分自身も安心することができますしね。

乳がん検診を受ける女性が多くなっている

少し前にメディアでも乳がんについて取り上げるところが多く存在していました。それだけ社会現象となっていたのかもしれませんね。それをきっかけにして行政としてもまた、個人としても乳がんに対する考え方が大きく変化したのではないかと個人的に感じています。特に最近では行政においても乳がん検診を無料で実施している自治体もありますし、さらにはそれを受診する人がとても多くなっているのです。年齢層を見てみると40代などの年配の方ばかりではなく20代や30代前半の人も積極的に受診しているという話を最近では良く耳にするようになりました。しかしこのような姿勢こそが本当に必要だと私は個人的に感じています。そのようにもしかすると。という可能性を考えた上で乳がん検診を受けることによって安心を手に入れることもできますし、発見した場合には早期発見で治療も早期に行えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*